きまぐれDIY奮闘記

このブログは、DIYが趣味である当社スタッフによるDIY活動記録です。豊かな暮らしを実現させるべく、「まずは自分でやってみよう!」を合言葉に不定期で更新して参ります。
完全な素人ですので、本来の施工方法とは逸脱した点もあるかとは思いますが、これからDIYの挑戦をお考えの方に少しでも参考になる情報を提供させていただければと考えております。
ご意見・ご感想等ございましたらお気軽にお寄せください。

壁紙を利用したドアのイメージチェンジ

こんにちは。今回は木製建具(ドア)のイメージチェンジに挑戦してみます。

今回のターゲットは、上記写真の左隅にちらっと見えている何の特徴もない木製ドアです。

今回用意したものがこちらです。それぞれの名称は省略しますが、ホームセンターで壁紙貼りセットみたいな名称で販売しているものを購入しました。これらが全て必要だったかどうかは不明です。。

あと、写真には載ってないですが、ノリ付き壁紙(インターネットで購入)とカッターは必須です。壁紙はノリ付きとノリなしが選択できますが、ノリ付きの方が断然簡単だと思いますので、商品到着後すぐに施工できる場合はノリ付きを選びましょう。なお、輸入壁紙はデザイン性の高いものが多いですが、総じてノリなしでした。 

まず、ドア本体及びドアノブをドライバーで取り外します。

ドア本体に壁紙を貼って、ローラ等で圧着します。

次に、壁紙はドアより大きいサイズを選択していますので、余った壁紙をカッターで綺麗に落としていきます。

十分に乾かしてドアノブを取り付ければ・・・

完成です!(途中の写真が少なくて申し訳ありません)

ためしに派手目の柄をチョイスしてみました。なかなか気に入っています。

これで楽しい?トイレライフが送れるはずです。

あまりに簡単にできたので家中のドアに壁紙を貼ってみることにしました。こちらはリンゴ柄。

こちらは北欧風の柄です。

こちらは和室の襖戸です。和テイストの柄でモダンな雰囲気になりました。

今回のDIYではイメージチェンジしたドアが部屋の良いアクセントになって、部屋のイメージがガラッと変わりました。インターネット通販なら豊富な柄を選べてしかも安いということで、コスパは非常に高いと思います。(ドア片面2,000円程度)

新築ではドアの柄を変えるなんて考えないでしょうが、中古住宅ならではの楽しみ方だとおもいます。

Return Top