きまぐれDIY奮闘記

このブログは、DIYが趣味である当社スタッフによるDIY活動記録です。豊かな暮らしを実現させるべく、「まずは自分でやってみよう!」を合言葉に不定期で更新して参ります。
完全な素人ですので、本来の施工方法とは逸脱した点もあるかとは思いますが、これからDIYの挑戦をお考えの方に少しでも参考になる情報を提供させていただければと考えております。
ご意見・ご感想等ございましたらお気軽にお寄せください。

事務所の床にクッションフロアを施工

こんにちは。

今回は同業の友人が事務所を移転するので、移転先事務所の床にクッションフロアを張るお手伝いをしました。

上記が施行前の床です。

Pタイルですが、築40年以上の建物なので、だいぶ経年劣化が進んでいます。

今回はこの床にクッションフロアを張っていきます。

クッションフロアを張る方法ですが、

①接着剤

②両面テープ

上記のいずれかで施工することになります。

接着剤は確実に貼り付けられますが、原状回復時に剥がさなければならなくなった場合に、思わぬ費用負担が発生することがあります。

両面テープは原状回復及び施工も簡単ですが、剥がれる場合があります。

今回は原状回復のことも考えて、②の両面テープにて施工しました。

まずは、床の形状にあわせてクッションフロアをカットしていきます。

注意点としては、、

①よく切れるカッター&ハサミを使う

②フリーハンドでカットしない

といったところでしょうか。

フリーハンドでカットするのは本当にやめた方が良いです。地ベラ・定規等をあてて、真っすぐにカットしていきましょう。

次に、下地の床に両面テープ(クッションフロア用)を張っていきます。

両面テープを張る際は、下地を綺麗に掃除して両面テープに余分なゴミがつかないように注意しましょう。

掃除を怠ると接着力が弱くなって、剥がれ等の原因となります。

友人と二人で協力して、何とか張り終えました。

今回はウッド調のクッションフロアを選択しました。良い感じだと思います(^^♪

クッションフロアは友人がネットで購入しましたが、いろんな種類が選べるので、自分の個性を表現しやすい方法だと思います。

Return Top